挑発的ニッポン革命論 煽動の時代を生き抜け

著者: モーリー・ロバートソン(著)

購入 - Buy Online -

:::目次(単行本):::

    はじめに ー 新たなる情報戦争の幕開け

第1章 トランプ旋風と煽動政治 9・11からフェイクニュースへ

  1 トランプの「ネタ元」は誰なのか?

    ロイ・コーン ー 赤狩り検察官にしてマフィア弁護士

    ジョージ・ウォレス ー 人種隔離を訴えた南部戦略の父

    ウォーリード・ファレス ー 反イスラムのイデオローグ

    ロジャー・ストーン ー 選挙を"茶番化"する男

    WWE ー 敵と味方を分ける「アングル」

  2 現代アメリカの怒れる白人たち

    アメリカの政治史はパラノイアの歴史

    連邦政府を敵視する民兵

    第二の独立戦争に備える米軍兵

    ポリティカル・コレクトネスの暴走

    白人至上主義の「入信者」と「脱会者」

  3 Alt-Rightとフェイクニュース

    スティーブ・バノン

    マイロ・ヤノプルス

    ファイクニュースはフェイスブックで広がった

    欧米を覆うアンチ・エスタブリッシュメントの波

    リベラル・フェイクニュース

  4 ポピュラリスト大統領の今後

    危険すぎる反ユダヤ主義勢力

    周辺にちらついたロシアの影

    フリンの辞任劇は「クリムリン・ゲート」?

    カオスが支配する「トランプ後の世界」

第二章 欧州とテロリズム 吹き荒れる移民排斥の嵐

  1 テロに揺さぶられる国民

    シャルリー・エブド襲撃事件が変えたもの

    ルペンを押し上げた"愚連隊志向"

    ISのリクルーターが「非ムスリム」を落とす手口

  2 中東から世界に散るテロ

    ISが目をつけた"見棄てられた民"の半島

    欧州の新たな火薬庫・ボスニア

    ウイグルの怒りに共感できるか

第三章 リアリズムなき日本 負け続けるリベラル

  1 日本型「戦後リベラル」の勘違い

    現代の軍は戦争を止めるためにある

    SEALDsの失敗

    深刻なリーダーアレルギー

  2 カルチャーと政治

    豊かな社会のシャンパン・ソーシャリスト

    宮崎駿を問い詰める覚悟はあるか

    今さらロックで反体制?

    ル・コルビジエはファシストだった

  3 東アジアの地政学

    最後のモンスター・中国とどう向き合うか

    みんな北朝鮮を甘く見ていた

    北朝鮮で危険な"火遊び"をする欧米ツアー

    アメリカの最終手段は「日本の核武装」?

  4 戦争と国際社会のリアル

    テロは「絶対起きる」

    その見方は釣り合っているか?

    世界を知るには「戦場セルフィー」

    社会主義国ベトナムの「親米化」

    六本木の「現代のハプスブルグ家」

第四章 日本人が知らない「日本の差別」 在日・移民・フェミニズム

  1 フェミニズムが定着しない社会

    バービー人形が象徴する欧米フェミの進歩

    曽野綾子とアニタ・ブライアント

    「萌えロリ」「JKビジネス」への厳しい視線

  2 移民を拒むガラパゴス

    冷淡な日本のリベラル

    エイリアンが社会を変える

  3 ヘイトという魔物

    保守論壇への便乗から生まれた現代の在日ヘイト

    「ニュースでこっそり差別」という火遊び

    ラッスンゴレライと陰謀論

    表向きは"漂白"された日本社会

第五章 日本のメディアに明日はあるか マスコミの罪とネットの罪

  1 馴れ合いが支配するテレビ

    ファクトなき報道合戦

    テレビがつくり上げた「小池劇場」

    「日本を褒める外国人」という奇妙な枠

    『朝生』の時代は終わった

    オール・イン・ザ・ファミリーが必要だ

  2 「海外メディア」にご用心

    情報不足の翻訳記事

    NYT東京支局の迷走

    BBCという良貨は悪貨を駆逐するか?

  3 インターネッとというカオス

    コロッセオ化したネット論壇

    「マスゴミ」というファンタジー

    「集合知」という幻

    「ウェブポピュラリズム2・0」の時代へ

第六章 タブーへの挑戦 パイオニアたちの戦い

  1 大麻解禁という世界的潮流

    先駆者は「世界一貧乏な大統領」

    雪崩を打ったアメリカ

    日本の「ダメ、ゼッタイ」はどこからくるのか?

    麻薬の非犯罪化という"劇薬"

  2 宗教世界に現れた革命家

    ローマ法王の反グローバリズム運動

    闘うムスリム・フィミニスト

  3 オバマは何を変えたのか?

    初の黒人大統領はラディカルな現実主義者

    際どすぎるオバマ・ジョーク

    「戦後の総決算」としての広島訪問

    おわりに - 煽動の時代を生き抜くための個人攻防