世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち

著者: マイケル・ルイス(著)東江 一紀(訳)

購入 - Buy Online -

:::目次(文庫):::

序章  カジノを倒産させる

サブプライム・ローンの破綻に端を発する世界同時恐慌。それをよそくしていた一握

りの男たちのリストを私は入手する。彼らはカジノの裏をかいたのだろうか?

第一章 そもそもの始まり

住宅ローンを債権にして流通させる。市場の効率化に資するはずだったその発明

は悪用され始める。サブプライムを草創期から分析していたのがアイズマンだ。

第二章 隻眼の相場師

モーゲージ債に疑いの目を向けたもう一人の男。バーリは医師だった。バーリは

どうしたらば、モーゲージ債を空売りできるか考え、ある保険に目をつける。

第三章 トリプルBをトリプルAに変える魔術

トリプルBの債券を集めれば、あーら不思議、トリプルAになってしまうCDO。

その暴落への保険CDSを買うことがサブプライムをショートする方法だった。

第四章 格付け機関は張り子の虎である

ウォール街に就職できない人間が格付け機関に就職する。投資銀行にとって彼ら

の裏をかくことは朝飯前。アイズマンらはそのからくりの究明に着手することに

第五章 ブラック=ショールズ方程式の盲点

ノーベル経済学賞を受賞したそのモデルはしかし、オプションの期間が長くなれ

ばなるほど、結論の不合理性が増す。それに気づいた第三のグループが登場

第六章 遭遇のラスヴェガス

サブプライム業界の人間が全員集合したラシヴェガスで、アイズマンも初めて買

い方の人間と相まみれる。信じられない虚飾の宴の只中で、正気なのはどちらか

第七章 偉大なる宝探し

潮目が変わり始める。これまでCDSを気前よく売ってくれた投資銀行の態度が

微妙に変わる。が、そこにいたっても格付け機関もSECもが現実をみようとしない

第八章 長い静寂

ローンの債券不履行件数が記録的に増大したにもかかわらず、CDSは最安値を

更新、バーリは投資家たちに責められる。が、やがてその「静寂」を破る鐘の音が

第九章 沈没する投資銀行

モルガン・スタンレーのエリート部隊と目されていたハーウィーの部は、特注の

CDSをつくって売りまくっていた。が、潮目が変わった今、それは死の財産だ

第十章 ノアの方舟から洪水を観る

預言者たちは、ついにその大洪水を観る。栄華をほこったウォール街が沈没して

いく。が、預言者の敬われざるはその故郷のみ。バーリは、静かに退場していく

終章  すべては相関する

そして私はかつての上司、あの栄光のソロモンを率いたグッドフレンドに会う。

全てはあの決断、責任を外に求めることになるあの決断から始まっているのでは

謝辞

訳者あとがき 『ライアーズ・ポーカー』からの道程

解説 藤沢数希