「豊かさ」の誕生 成長と発展の文明史 下

著者: ウィリアム・バーンスタイン(著)徳川 家広(訳)

購入 - Buy Online -

:::目次(文庫):::

第2部 豊かな国、貧しい国

第7章 勝ち組の経済ーオランダとイギリス

オランダ/世にも不思議な共和国/新しい土地、新しい人/

インフレ、大運河、好景気/安いギルダー/オランダの繁栄の誕生と死/

嫉妬する隣人たち/走者交代/イギリス/農園と工場/

私有化される田園地帯/分業/繁栄の縦糸・横糸/鉄の時代/

「勤勉革命」/産業革命ーそれはどれほど悪かったかのか?/

非産業革命/新エルサレム

第8章 キャッチアップした国々

支配者と人民/富と剣/フランスはなぜ出遅れたのか?/

フランス人が本当に欲しいもの/ヴェルサイユ・プロブレム/

合理主義はどう運営すべきか/フランスから資本が逃げ出す/

道路料金の問題/洪水の後で/最初から勝ち目のなかったフランス/

スペインーすべてが間違っていた/征服と商業/

金銀の大河に溺れるスペイン/スペインにおける四要素の発達/

収奪された王国/復活への道のりは、あくまで長く/

不可抗力ー日本はいかにして豊かになったか/

封建時代時代日本の農業の悪循環/寄生虫の帝国/混沌から孤立へ/

日本を救ったのは農村だった/黒船/武士の滅びる音/

日本、悪癖を身につける/マッカーサー元師と日本の奇跡/

土地、地主、農民/「ライジング・サン」

第9章 取り残された国々

イスラム文明は、なぜ衰退したか?/オスマン帝国の長期衰退/

トルコ農業の死にいたる悪循環/

オスマン・トルコと近代経済成長の四要素/

現代中東における近代経済成長の四要素/村とモスク/

ラテンアメリカー不幸な遺産/

国境の南の繁栄と、無名エコノミストの物語/縁故と資本/

天然資源と帝国主義

第3部 豊かさのもたらすもの

第10章 神、文化、金銭欲、そして快楽主義の踏み車

富の使い途/金持ちプロテスタント、貧乏イスラム/

幸福のピラミッド/民主主義の目盛り/すべてを説明する万能理論/

独裁の効用/伝統主義と合理主義/経済成長の科学/

豊かさは、そんなに重要か/幸福を科学する/

まだ幸せになれないのか?/悲しい国、幸せな国/幸福を測る/

奥さんの義理の弟/富も貧困も移動標的だ

第11章 成長か平等かー大いなるトレードオフ

新しい泥棒貴族たち/「ピータールー」の虐殺/

フーバー、マッカーサー、ルーズベルト、そしてボーナス行進/

安定性の包絡線/インフレか失業か/豊かな国、貧しい国

第12章 勝者の呪いー富神マモンと軍神マルス

クロイソス王の失墜/繁栄、民主主義、覇権/銃撃戦か選挙戦か

第13章 成長の終わり?

失敗の様態/豊かな者とその特権/サイエンス・フィクション?

第14章 いつ、どこで、そしてどこへいくのか

繁栄は、いつやって来るか/どこで成長は始まったのか/

世界はどこへいくのか

訳者あとがき

原 注