ハウス・オブ・デット

著者: アティフ・ミアン(著)アミール・サフィ(著)岩本 千晴(訳)

購入 - Buy Online -

:::目次(単行本):::

日本語版への序文

第 1章 悲惨な危機を予防する

不可解な支出下落はなぜ起きる?

諸外国のデータは何を語るか

代替説の検証

ビッグ・ピクチャーを示す

第1部  債務はこうして経済を破壊する

第 2章 不況は人災である

債務とは非情なものだ

08年金融危機の損失の分配

貧乏人をさらに貧しくするメカニズム

資産を失った地域はどこか

差し押さえの外部性と投げ売り

保険はリスクから人を守り、債務はリスクを背負わせる

第 3章 需要低迷の本当の理由

08年景気後退の原因は消費の減少

景気後退の原因を見つける「鍵」はどこに

債務と不況は無関係?

不況の波は貧乏人を強く襲う

ここまでのまとめ ー データが示すこと

第 4章 LL理論とは ― 新しいフレームワーク

非現実的なファンダメンタルズ説

LL(債務損失増幅)フレームワーク

経済の調整力はどういうものか?

どのような摩擦があるか

LL現象もたらす失業の性質

再分配だって?

第 5章 失業の新しい説明

どのくらいの雇用がどこで失われたか

摩擦、そしてまた摩擦 ー 経済は理論どおりに動かない

経済学者は失業を説明できない?

ここまでのまとめ

第2部  熱狂的バブル

第 6章 信用はこうして膨張する

所得の下落、ローンの増加

アニマルスピリット説への反証

住宅供給の弾力性で考える

住宅所有者は債務を増やした

バブルに便乗する

第 7章 破滅への道

ドル資産の急増、アメリカへの資産流入

証券化 ー 国際資本の受け皿

安全な債務を作り出す

愚者の連鎖

避けられなかった崩壊

第 8章 債務がバブルを作り出す

キンドルバーガーとバブルの科学

バブルの存在証明

債務はどのようにバブルを増幅させるか

なぜバブルのときでも融資するのか

第3部  悪循環を断ち切る方法

第 9章 銀行を救えば、経済も救われるのか

銀行を救う特別な理由

最後の貸し手は何をするのか

大義名分をはるかに超える支援

銀行融資説のどこがおかしいか

銀行融資説はなぜ強力なのか

第10章 債務を減免する

介入の経済学的根拠

マクロ経済的失敗

歴史からの教訓

実はたくさんの債務減免政策が提案された

これはモラル・ハザードではない

第11章 財政金融政策の効果

インフレを起こす魔法のボタン?

金利チャネルはどうか

インフレ期待重視説

財政刺激策は使い勝手が悪い

政治的マヒ状態

第12章 リスク共有を組み込む

リスク共有の原則 ー 債務契約を柔軟に

責任共有型住宅ローン(SRM)

SRMによる消費の増加は2040億ドル

SRMは雇用喪失を防ぐ

SRMのバブル抑制効果

SRMはなぜ人気がない?

なぜ債務は「安くつく」のか

もっとリスクを広く共有する

もっとエクイティ的な金融システムを作ろう

謝辞

訳者あとがき

注・索引