LA・ジャズ・ノワール 失われたジャズ史の真実

著者: 中山 康樹(著)

購入 - Buy Online -

:::目次(単行本):::

序文   ジャズの歴史のオモテとウラ

疑惑の「ジャズ誕生の地」/ジャズ正史から消えた都市

誤読されたウエスト・コースト・ジャズ/LAジャズ・コンフィデンシャル

第 1章 ブルース・オン・セントラル・アヴェニュー

失われたアヴェニュー/ロサンゼルス・ジャス前史

ブルース・オン・セントラル・アヴェニュー/レスターとリー・ヤング兄弟

差別と格差

第 2章 LAビバップへの道

不運のセントラル・アヴェニュー/リー・ヤングという触媒

ニュース映像のなかのジャズ・ミュージシャン/バード、発見される/場違いな人

第 3章 B♭ーGーD

LAビバップの誕生/「こいつら、何やってるんだ?」/「狂い」のモードその1

LAジャズの分岐点/「狂い」のモードその2/B♭ーGーD

第 4章 ワーデル・グレイの謎

巨大な密室/「馬のように食べ、しかし身体は線路のように細かった」

歴史がつくられた夜/砂漠の死体

第 5章 くたばっちまえ!(Go fuck yourself!)

サイババと前衛ジャズ/「男爵」と名乗った男/西を目指す麻薬中毒者

シェーンベルクとガラスの街/「Go fuck yourself!」

第 6章 木の葉の子守唄

チコの災難/木の葉の子守唄/ただれたトランペット

第 7章 虚構都市のジャズ

虚構都市のジャズ/「白いウエスト・コースト・ジャズ」の正体

ジャズの灯台(ライトハウス)/ハワード・ランゼイの回想

ザ・ウエスト・コースト・サウンド

第 8章 分化

歪んだウエスト・コースト・サウンド/ブルー・サンズ

分化するウエスト・コースト・ジャズ

ウエスト・コースト・ジャズ+サンバ=ボサノヴァ

第 9章 異形の襲来

カーラとポール/1958年「ヒルクレスト・クラブ」

虐げられた男/異形の襲来/共犯者たち

第10章 私は死にたくない

映画の都とジャズ/欲望という名の電車/私は死にたくない

ふたつの顔をもつジャズ・ミュージシャン

第11章 血塗られた五線譜

バーニー・ケッセルに憧れた殺人者/白い黒

「ウエスト・コースト・ジャズは夢精みたいな音楽だ」/血塗られた午前譜

第12章 ソング・オブ・イノセンス

セント・エルモス・ファイア/キツネと消えたトランぺッター

黒いウエスト・コースト・ジャズ/マーシー、マーシー

アンクルから来た男/ソング・オブ・イノセンス/空白の10年

もう一つのアンクル/ザ・サウンド・オブ・LA

参考・引用資料について

関連年表

あとがき