ロックの歴史

著者: 中山 康樹(著)

購入 - Buy Online -

:::目次(新書):::

はじめに

第一章  イギリス・ロック史とアメリカ

四十四年後の<<ヘイ・ジュード>/紳士の国のジャズ物語/イギリスの音楽的鎖国/

音楽をもたない世代の音楽

第二章  エルヴィス・プレスリーの限界

ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)/おまけの人生/消費されるエルヴィス/

橋渡しとしてのスキッフル・ブーム/すべてはクリス・リチャード&シャドウズか

ら始まった/真っ赤なストラトキャスター

第三章  ビートルズが生まれた瞬間

コオロギとカブトムシ/ヒトラーとロックンロール/伝説のハンブルグ・セッショ

第四章  「黒いブルース」から「白いロック」へ

一九六一年、ハンブルグの青春/恋人は海の彼方に/ブルースの発見/「ハーモニ

カ、それともハープ?」

第五章  「世界の音楽・言語」としてのロック

イギリスの不運とジレンマ/メイド・イン・イングランド/モッズの時代

第六章  なぜリヴァプールだったのか

ロンドンになかったもの/「ないレコードはありません」/マージー河の氾濫/主張

するロンドン

第七章  ローリング・ストーンズ登場

ロンドンの流儀/リズム&ブルース・フロム・ザ・マーキー/忘れられたギター・

ヒーロー/ルーツの発見と出発/スローハンド伝説の始まり

第八章  ロックと天才ギタリストたち

エリック・クラプトンと「ブルースもどき」/ブリティッシュ・ロックの第一歩/ヤ

ードバーズの意味/やがて訪れる季節のなかへ

第九章  「アルバムの時代」の夜明け

十三センチの落とし穴/「ラバー・ソウル以前」と「以後」/イギリス化するアメリ

カ/アメリカの回答

第十章  ジミ・ヘンドリックスの衝撃

ブリティッシュ・ロックの曲がり角/台風前夜/「うわー!なんだこれは?」/ア

メリカの逆襲/トゥモロー・ネヴァー・ノウズ

第十一章 「サージェントペパーズ」と一九六七年

マネージャーの憂鬱/時代の音楽/ポールの助言/ヘンドリックスの恩返し/モン

タレーの奇跡

第十二章 架け橋としてのウッドストック

もっと言葉を!/ウッドストックにようこそ/アーカンソーからの旅/「君は僕のた

めに、僕は君のために」/ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク

第十三章 ボブ・ディランの揺さぶり

「このクソは何だ?」/ボブ・デュランの頭のなか/レッド・ツェッペリンの意味/

ウッドストックから脱出せよ/越境の舞台

第十四章 「統合」と「分化」の時代へ

統合の時代/レオン・ラッセルという触媒/白人であることの罪/狂犬の群れ/

ア・ソング・フォー・ユー/激しい雨が降る

第十五章 ロックが帰っていく場所

洋楽受容と地域差/断層からの出発/ロックの歴史化/未来のロック/ロックの国

の住人たち

おわりに

主な参考・引用文献一覧