しびれる短歌

著者: 東 直子(著)穂村 弘(著)

購入 - Buy Online -

:::目次(新書):::

まえがき

第一章 やっぱり基本は恋の歌

僕らの頭の中は「繁殖」と「恋」の二重性で混乱している/あえて女性の肉体

を誇示した与謝野晶子はすごい/「している」自分の身体をモノとして見る苦

さ/繁殖のために恋してるわけじゃないという意思が見える/脳内に溢れる相

手に対する妄想/男の歌には後ろめたさや苦さがない/昔はもっと恋愛ばっか

り詠んでいる人がいた/ものすごく美味しいものを紙皿で食べてみたい/で

もなんで、上から目線なんでしょうか/恋の歌と食欲の歌は混じる/何の欲を

どれくらい恥ずかしいと思うか/食欲と性欲が重なる感じは男女差がないのか

第二章 食べ物の歌には魔法がかかっている

食べ物は対人関係と結びつく/微妙な距離を測っている

第三章 いまがわかる!家族の歌

優しい、可愛い、愛おしい、母や妹/衰えた親をしみじみと見る/お父さんは謎

の存在/脳内の嗜好が漏れ出ている/お父さんより娘のほうが大事/お母さん

は怖かった/家族だから除菌しなくてもいい/マッチを擦らない世代、キッチ

ンで何かを食べる母/妻が夫を詠んだものはすごい/夫婦の間で微妙にズレが

ある/実際には妹がいなくても歌を作っている/夫婦ってホラーだ

第四章 イメージを裏切る動物の歌

人間には計り知れない動物の世界/短歌には素敵バイアスがある/プロの歌人

の歌には文体がある/奇想の歌というのもある

第五章 人生と神に触れる時間の歌

絶対に「LIVE」でしかない人生で/ふだんは見えない時間を感じるとき/夜

中という時間に起こっていること/人生という時間を見る/積み重なった時間

が透けて見える/ある光景ある時間だけが記憶に残ることがある/その時間だ

けは私のものだったあなた/止まっていた時が動き出す/時計は覗くとはるか

な宇宙が見える/「眠ってよいか」

第六章 豊かさと貧しさと屈折と、お金の歌

物質としてお金を睨みつける/大晦日にデニーズにいるのは貧しいのか豊かな

のか/一筋縄ではいかない、リアル/衣食住は揃っているが地獄だ/突然デジ

タルになることで詩が生まれる/親の収入を超せない世代のリアル/なんかモ

ヤッとする、それが短歌/なんでこんなにハイテンションなのか理解できない

第七章 いつか分からなくなるのかもしれない固有名詞の歌

皆が知らない固有名詞だと効果が発揮できない/具体名を出すことで強い歌に

なることもある/まとうイメージは時代で変わる/素敵バイアスのない世代の

第八章 表現の面白さだってある、トリッキーな歌

あかさたな、ちりぬるを/繰り返しとリズム/声に出して読まない短歌/文字

を見ないと分からない/文法を乱す、言葉遣いを乱す/現実の出来事にロマン

のフィルダーをかけて/短歌って、なに?

付録一 歌人ってどうやってなるの?

短歌を作ることイコール歌人になることではない/新人賞に出してみる/歌壇

の話/歌集は自腹でだす?/誰に読まれるか、そこからなにが起きるのか

付録二 真似っ子歌

東直子風短歌/穂村弘風短歌

あとがき